コニーズアイ 1階[ショップ+カフェ+レンタルスペース] 2階[貸ギャラリー]

国内外のデザイングッズから工芸・クラフト・ファッション・アートまで幅広いジャンルの商品を販売中!


最新情報 ≫ 企画展情報

企画展のご案内

C/STORE 平野トモエのアクセサリー展
2020年6月1日(月)-7月31日(金)

■内 容

「アートをもっと身近に、もっと楽しく」 をコンセプトにアーティストが手掛ける作品・オリジナルグッズを販売するポップアップショップ「C/STORE」が期間限定で開催する展示会です。今回は、2013年より独学で制作を始めた平野トモエのアクセサリー「tashizan+note/タシザンノート」「HLINE/アッシュライン」を展示・販売します。大切な人へのちょっとしたプレゼントとして、また自分へのご褒美に、身近なアートとして個性あふれるラインナップの中から、みなさまのお気に入りをぜひ探してみてください。アートから始まるクリエイティブな生活を一緒に始めましょう!


◎tashizan+note/タシザンノート

毎日の生活にアクセサリーを足し算(tashizan)することで、プラス(tashizan)な毎日を過ごしてもらいたい。そんなコンセプトで制作しています。アクリルや木の素材をメインに世代問わず、長く愛用してもらえるような飽きのこないデザインを心がけています。

◎HLINE/アッシュライン 

シンプルでさり気なくそこに存在するも身に着ける人に寄り添うそんなアクセサリーの制作に心がけてデザインしています。


<平野トモエ/Hirano Tomoe プロフィール>

1983年生まれ。九州工業大学工学部卒業。2013年より独学でアクセサリー制作を始める。2015年4月 [tashizan+note] として本格的に活動開始。2016年7月 [sccoa] ブランド設立。2018年3月 [h-line] ブランド設立。全国の百貨店・商業施設・イベントにて販売。https://hiranotomoe.com/


Sola cube_3/自然の美しい造形美
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

京都にある「ウサギノネドコ」は、世界中の人々に自然の造形美と、その背後にある壮大な物語を通して、感動体験を提供しています。今回はウサギノネドコの代表的なプロダクトである植物の美しいかたちをコンセプトにした「Sola cube」と地球内部でひっそりと生成された鉱物「Sola cube Mineral」、さらにミクロの美しい造形をガラスの中に再現した立体図鑑「Sola cube Micro」を中心に、正形類と不正形類のウニのイラストをあしらった「ウニ手ぬぐい」なども展示・販売します。地球誕生から46億年。そして生命誕生から38億年。大地の記憶、そして人類と植物との関わりが刻まれています。知性と感性を刺激する立体図鑑として、生活を彩るインテリアやギフトとして、日本の職人の手と技により、ひとつずつ丁寧に作られたプロダクトを、ぜひこの機会にご覧ください。


◎Sola cube

生命誕生から38億年。植物はその命を未来へつなぐため、花を、果実を、そして種子をつくりあげてきました。ただ生きぬくために削ぎ落されたその規則的でストイックなフォルムは、自然が生み出した究極の機能美と言えるでしょう。その美しい瞬間をとらえて、4cm角の透明のアクリルキューブに封入しました。


◎Sola cube Mineral

地球誕生から46億年の物語、土地の記憶、そして人類との関わりが刻まれています。その小さなカケラを5cm角のアクリルの中に封入し、宇宙空間を漂う星のように仕立てました。手の平にのせて、じっくりと観察し、耳を傾けてみてください。どのように生成されてきたのか?どんな国や土地で発掘され、どんな人の手を渡ってきたのか?あなただけの想像の旅をお楽しみください。


◎Sola cube Micro

ミクロの世界へようこそ。そこには私たちが日常で目にすることのない多種多様な生物が奇妙かつ美しい姿で生きています。その美しい造形をガラスの中に再現した立体図鑑です。顕微鏡写真を基にミクロ生物を3Dモデリングし、そのデータを透明度の高い光学ガラスの内部にレーザー彫刻しています。 顕微鏡で覗いた2次元の世界を3次元で。自然が生み出した摩訶不思議な造形美をお楽しみください。


FLATS/4D ART PUZZLE_3
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

建築の設計思想から生まれたFLATS(フラッツ)は、一つひとつのパーツの固有のカタチと意味を持ちながら、互いに響き合い、等しい関係で全体を構成する「等価」というコンセプトでかたちづくられたアートパズルです。平面のパーツを組み上げることで現れる、立体的で繊細な造形物です。パーツをひとつ差し込むことに2次元から3次元へと少しずつ姿を変えていきます。今回は、新製品の疫病退散「アマビエ」をはじめ、アニマル(動物・干支・恐竜ほか)キャラクター(ディズニー・ムーミン・サンリオ)マネキン(アダム&イブ)シン・ゴジラ(東宝株式会社のライセンス)のほか、きのこ・飛行機・スペースシャトル・愛染明王坐像など、25種類以上展示・販売します。FLATSがもつ知的でスタイリッシュな雰囲気は、あなたの空間と暮らしを豊かに彩ります。そして、その創り出すフォルムと構造、それらが組み上がっていく時間をお楽しみください。なお企画展の製品は、開催期間以外でも一部取り扱っています。


◎新製品:疫病退散!「アマビエ」について

江戸時代、弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)において海中に棲む「アマビエ」と名乗る妖怪が現れ、「当年より6年の間は豊作が続くが疫病が流行るので自分の姿を写して人々に見せよ」と告げて海中に消えたと言い伝えられています。いま世界中に蔓延する新型コロナウィルスの恐怖のなか、私たちはこの不安な状況がより早期に沈静化することを願いながら、この「妖怪アマビエ」伝説にあやかってその姿を立体パズルとして再現しました。私たちのモノつくりの仕事が少しでも皆様を勇気づけることができれば、こんなに嬉しいことはありません。一日もはやく私たちの日常が戻ってくることを願うとともに、皆様のご健康を国東半島からお祈りしています。


◎FLATSが生まれるところ

大分県の北東部、国東半島の中山間地にある廃校になった小学校の教室でFLATSは作られ、世界中へ旅立っていきます。国東半島は、奈良時代から平安時代にかけて独特に山岳仏教文化が栄えた神仏習合の発祥の地。その神聖な風土と、自然と人間が共生する緑豊かな里山のゆったりとした時間の中で、FLATSは生み出されます。


◎国東時間プロジェクト

独特の地勢と固有の時間、そして土地の記憶の積み重ねを人々が共有する国東半島。この土地から新たな商品を生み出し国内外に発信する私たちは、より創造的なライフスタイルを実現するために、「国東時間プロジェクト」を始動しました。週休3日制を導入し、よりクリエイティブで精度の高いモノつくりを行ないながら、豊かな時間の創造を目指しています。


paperable/紙コミュニケーション_2
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

箔アクセサリー「HAQUA/ハクア」は、水を使って誰でも簡単に貼ることのできる新感覚のジュエリーです。デザインコンセプトは、箔(haku)+水(aqua)。繊細でエレガントなデザインが特徴で、身につけると洗練された輝きを放ちます。シンプルなデザインは、ジュエリーのように季節を問わずオールシーズン使え、アレンジをすることで様々なシーンで活躍します。シール状になっているので、お好みの長さでブレスレット、アンクレット、リングなどに使えます。また水に強い箔アクセサリーなので一週間ほど楽しめます。ビーチや野外フェスティバル、マリンスポーツなどのアクティブシーンでも使うことができます。HAQUAの付け方は、シートを希望の大きさにカットしてクリアシートを剥がし、清潔で乾燥した肌の上にのせます。そしてシートの表面を下にして貼付け、濡れたティッシュや布で台紙に約10秒水を含ませ、肌に接着したか確認しながら、台紙をゆっくり剥がします。10分程度乾燥させてから楽しむことができます。またHAQUAを落とす場合は、ベビーオイルやオリーブオイルを塗って洗い落とします。カラーは、優しい色合いと大人の輝きで質の良さが感じられるゴールドゴールド、アクセントにしやすく色の変化もあり重ねづけにお勧めのピンクゴールド、上品でイノセントな印象を与えるシルバー、3パターンセットで全12パックを展示・販売します。ぜひ足をお運びください。


hokka/揚げあられビーバー
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

見上げれば霊峰白山。見下ろせば勇壮な日本海。美しい川や緑にも恵まれた石川県はお菓子づくりにこだわる上で絶好のステージです。1918年に産声をあげた「hokka」は、水と光と緑に恵まれたこの地で、1世紀以上前からお菓子をつくっています。今回は50周年を迎える加賀生まれ北陸育ちの揚げあられ「ビーバー」を中心に販売します。名前の由来は、1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と、この米菓を2本並べたカタチが似ていたことから…。北陸産のもち米に、鳴門の焼塩と日高昆布を加えた味です。また「白えびビーバー」は、富山産白えびを使用し、その甘みが絶妙です。サクサクとした食感で、一度食べだすと止まらなくなる、ぜひ一度ご賞味ください。そのほか、ドラえもん・ムーミン・マイキー・はらぺこあおむし・モンチッチ・くまのがっこう・ぐでたま・キティちゃんなどのキャラクタービスケット、さらに米蜜ビスケット・ABCクッキークラシックココア・チーズペッパークラッカー・カンパン保存缶なども販売します。どんなに忙しい中でも、大好きなおやつでひとときの幸せを味わってください。なお北陸製菓のお菓子は、企画展の開催期間以外でも取り扱っています。


◎北陸製菓「hokka」のヒストリー

・1918年:hokkaのはじまり 「日本あられ株式会社」を設立。石川県産のもち米を原料にあられの生産をはじめたことから、「hokka」の歴史ははじまりました。

・1925年:ビスケットの生産開始 社名を現在の「北陸製菓株式会社」に変更し、ビスケット類の生産をはじめました。「hokka」は、現在は北陸で唯一のビスケットメーカーです。

・1941年:hokkaとカンパン カンパンの生産を開始。長時間のイースト発酵の後、じっくり焼き上げることで飽きのこない素朴な味わいに。「hokka」は、今では数少ないカンパン製造工場のひとつです。

・1979年:ハードビスケットが全国へ 子どもからお年寄りまで親しまれる日本の家庭のためのお菓子を製造。ハードビスケットのほか、シガーフライやユレーカなど、 今日に至るまで販売を続けているロングセラー商品がこの頃誕生しました。

・2009年:hokkaブランドの誕生 D&DEPARTMENT PROJECT のナガオカケンメイ氏との出会いを機に、北陸製菓の愛称であった「hokka」を正式名にしてブランドを一新。 あたらしいスタートを切りました。

・2020年:100年を超えても愛されるお菓子へ 「hokka」は2018年に100周年という大きな節目を迎えました。美味しさのために手間を惜しまない工夫は今も昔も変わりません。原点である創業者の想いと伝統を守り続けながら今日も「hokka」は世界に笑顔とおいしさをお届けします。


産地のうつわ/砥部焼と常滑焼
2020年7月5日(日)-8月30日(日)

■内 容

シンプルでどんな料理にも合ううつわも使いやすくていいけれど、食卓にもう少し彩りがほしいと思う。青物や煮つけを盛り付けるのは、土ものや絵付けのうつわが映えそうな気がする。そんなイメージでお店に行ってみるものの、いつも何も買えずに帰ってきてしまう…。そんな風に迷った時はうつわがつくられた場所を知ってみるのがお勧めです。波佐見、九谷、常滑、越前、美濃、砥部、出西、天草、瀬戸…日本は焼き物の宝庫です。産地によってそれぞれ得意なことが違うから、産地を知ることは、自分の好みを探す手がかりにもなります。高価なものでなくていいし、たくさんなくてもいいから、好きだなと思うものを少しずつ増やしていきたい。日本のうつわの産地を知る。第二回目は砥部焼(愛媛県)と常滑焼(愛知県)を紹介します。蕎麦猪口・茶碗・平皿・ワインボトル・焙じ器など約10種類ほど展示・販売します。ぜひ足をお運びください。


◎砥部焼 TOBE YAKI

1775年発祥した愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器。ぽってりとした厚手の白磁に、呉須(ごす)と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が描かれています。丈夫で堅く重量感があり、手荒く扱ってもひびや欠けが入りにくい特徴から、食器や花器などが多く生産されており、国の伝統的工芸品や愛媛県の無形文化財にも指定されています。今回は、アクセントとして入った朱い線と藍色のコンビネーションが華やかな「朱線」と、白磁と藍色のコントラストが魅力の「首呉須巻」の二つのシリーズを販売します。


◎常滑焼 TOKONAME YAKI

愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる陶磁器。900年の歴史を持ち、日本各地のやきものに大きな影響を与え、2017年には日本六古窯のひとつとして日本遺産に認定されています。常滑焼といえば朱泥急須が一般的に知られていますが、現在では豊富で良質な陶土を生かし、生活感覚にマッチしたモダンな食器類なども作られ、新しい時代を迎えています。今回は、ほうじ茶や炒りごまなどを焙煎するための茶器を販売します。古くなった煎茶や少し風味が落ちてしまったほうじ茶のほか、コーヒー生豆、胡麻、ナッツや銀杏、塩やあられなど焙じ器で炒る事で香ばしく美味しく味わえることができます。


コーディネート/自分らしく楽しむ
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

いつでも自分らしく自由に楽しみたい。今回は、アクセサリーや文房具など、好きなようにコーディネートできる「身につけるもの」を展示・販売します。丈夫で破れにくく耐水性も優れているアクセサリー/名刺入れ・バッグ(SIWA/深澤直人・柚木沙弥郎)、モノ作りを通じて快適な空間の創造する文房具/プラスティック万年筆・ボールペン・ハサミ(Craft Design Technology/クラフトデザインテクノロジー)、強風でも壊れにくいリサイクル可能なプラスティックの傘(+TIC/プラスティック)、超軽量でコンパクト機能性の高さに優れた旅行用品/ポーチ・スリッパ・オーガナイザー・ハット・ネックピロー&アイマスク(TO&FRO)、てぬぐい専門店とデザイナーとがコラボレーションしたてぬぐい(かまわぬ/ジャスパーモリソン・熊野亘・佐藤三千彦・西堀晋・パンタグラフ)、結婚式にはポケットチーフとして胸から富士山が見えるハンカチーフ(goodbymarket/池ヶ谷知宏)、リサイクルされる自動車のシートベルトを再利用した製品/ビジネスバッグ・トートバッグ・ペンケース(Re+Belt/リベルト)、千代紙や友禅和紙を使って正確なパターンで制作した折り紙ピアス(the origami people/Michael Clonaris)、緻密な手仕事によって作られるカラフルなアクセサリー/ブローチ・ピアス(中島俊市郎)、愛らしさとメッセージ性とが共存する独特な世界観を持つフェイスタオル(Donna Wilson/ドナ・ウィルソン)、ほんのり甘くて懐かしい上品な香りを12色の水引と手織りのシルクに包んだ香り袋(金澤カオリ)、金の縁取りが華やかなカップ&ソーサーのネックレス(Louise Buchan/ルイーズ・バカン)、様々な素材で素敵な印象を演出するピンバッジ(Rebaba/ニコラス・ロダン)、2つの国の時間を刻む文字盤にグラフィック処理をした腕時計(MIZ 水島眼鏡/喜多俊之)、毎日が吉日をテーマにした身近なプロダクト/ブローチ・御朱印帳(kichijitsu/光織物・井上綾)、冷凍庫から出したカチカチのアイスを食べやすくした持ち運べるアイスクリームスプーン(15.0%/寺田尚樹)、など、ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の商品は、開催期間以外でも取り扱っています。


感謝企画「そこまでやるか!価格への挑戦状」
2020年7月5日(日)-10月4日(日)

■内 容

コニーズアイがスタートして今年4月で23年目、家具・照明・デザイングッズなど、5000点以上のいろんな製品を販売してきました。しかし、いろんな理由で売れ残ってしまったものがあります。第3回目の特別企画では、なぜその商品が売れ残ったかを検証してみます。販売価格が適正ではなかった、使い方が分かりずらかった、色・形・素材・デザイン・コンセプトが時代に合わなかった、展示の仕方がまずかった…などいろんな理由があります。売れ残り作品が作り出す不思議な店舗内の空間をぜひ体感してください。もちろん展示品は驚きの特別価格で販売します。ぜひこの機会にご覧ください。なお企画展の製品は開催期間以外でも取り扱っています。


■販売商品の一例(内容が変わる場合もあります)

◎オランダセントラールミュージアムのガーデン用に作られたスツール兼テーブル家具シットオブジェクト/Zzzidt-Object(Richard Hutten/リチャード・ハッテン/税別29,000円)◎鋼鉄の支柱とS字曲線を描く大胆な形状が特徴の20世紀を代表する椅子Sチェア(Cappellini/カッペリーニ/Tom Dixon/トム・ディクソン/税別235,000円)◎ヴィトラ・デザイン・ミュージアム/Vitra Design Museum内に展示されている「100 Chairs」を1/6のサイズで再現したミニチュア椅子コレクションOrganic Armchair(税別25,000円)Well Tempered Chair(税別*28,000円)Stuhl No.14(税別28,000円)◎機能と美という二つの要素を融合し斬新で創造性に富んだ陶器/フラワーベース INV.2297(BITOSSI/ビトッシ/Aldo Londi/アルド・ロンディ/税別58,000円)◎灰皿・ペンシルホルダー・クリップ入れが付いているデスクセット/Canarie(DANESE/ダネーゼ/Bruno Munari/ブルーノ・ムナーリ/税別42,000円)◎建築家集団によってデザインされた花瓶&ボウル/Copypaste S-Set(コル・ナム/MVRDV/税別62,000円)◎座面が広くゆったりと寛げるラウンジチェア/Rhino Low Lounge Chair(Richard Hutten/リチャード・ハッテン/税別55,000円)◎ポリウレタンのボディーに針金の骨とシンプルな構造で出来た知育玩具/ZIZI (Bruno Munari/ブルーノ・ムナーリ/税別5,500円)◎丸い頭部を利用して分量調整が出来る砂糖入れと手で握るのにちょうど良い形のミルク入れのセット/SUGAR AND MILK(droog design/ドローグデザイン/Arnout Visser/DMD/税別7,900円)◎ジョバンニ・ピントーリが手掛けたポスター「テトラクティス」ほかオリヴェッティ社に関する写真とアルファベットの文字をコラージュしたアートポスター(Olivetti 1965/Enzo Mari/税別8,000円)◎独特の優しく繊細な風合いシェードの必然的なシワが特徴の島根県石洲和紙を使った和風照明/WASHI LUCE KYO(Stile LIFE/喜多俊之/税別42,000円)◎美意識へのメッセージ日本の思想から生まれた世界の椅子マルニ木工のネクストマルニ/nextmaruni/植木莞爾(税別46,000円)内田繁(税別50,000円)◎建築や絵画・彫刻で使われている黄金比を採用した作品で創業者クルト・ネフ品質の高さとデザインの素晴らしいモデュロン/Modulon(naef/ネフ社/Jo Niemeyer/税別38,000円)◎表裏の模様が異なった頭と手と足を自由に組み替えて楽しむ人形でドイツのバウハウス資料館/Bauhaus Design からの依頼で復刻したスティックスピール/Steckpuppen(税別46,000円)チェス駒(税別45,000円)チェス盤(税別25,000円)◎動く彫刻の第一人者が制作した1秒ごとに震える針と音が秀逸な掛け時計/Wall Clock(伊藤隆通/税別250,000円)◎高精度のアルミ鋳造と加工の技術で水銀をイメージした掛け時計/round clock(Lemnos/レムノス/AZUMI/安積伸+安積朋子/税別12,000円)◎波佐見焼職人と伝統技術の新たな可能性を研究した力強い作品に仕上げた半月盆(aura collection/KAZAN/城谷耕生/Enzo Mari/税別12,000円)◎球と円をモチーフにしたデザインが秀逸な灰皿/BAUHAUS ASHTRAY(ALESSI/Marianne Brandt/マリアンヌ・ブラント/税別26,000円)ほか多数